2018年09月16日

どうなりますかね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180915/wor1809150015-n1.html
独連立政権、情報機関トップ処遇で対立 外国人襲撃「証拠ない」発言が物議
物議だそうです。
外国人という枠なのか、移民という事なのか、極右が絡んでいるからなのか、ごたついているというところでしょうか。
ドイツ内部で何やら蓄積されているというところですかね。
行きつく先は、移民排斥からの極右の台頭でしょうか。
リベラルが極右を完全排除という流れになるのかもしれあませんけどね。
この人たちがどこにつくか、陣営はどこなんだという事の判別が難しい状況というのがあるでしょう。
一気に極端な方向に行きそうですので心配なんですよね。
”ナチス”復活みたいな感じになるのでしょうか。

ドイツの例は重要な事を示唆しています。
外部からの流入者が、現地の文化を尊重していると思えない行為をしているという事になると、反発しか生まない。
どこかで排斥運動が凄惨な形で起きるのではと危惧しています。

きめるのは、ドイツの人たちですから、理性的な判断を望みたいのですけど・・・ドイツ人ですからねー
posted by はせんき at 06:48| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。