2018年09月18日

第3弾だそうですよ

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180918/wor1809180008-n1.html
米、2千億ドル対中制裁を24日発動 中国報復なら「2670億ドル追加」
追加制裁発動だそうです。
当初の予定から少し修正はしたようです。
10%の発動で、一部品目は見直しということのようです。
25%にするのは来年からだそうです。
中間選挙、クリスマスシーズンを意識していますね。

一部引用
「中国指導部が迅速に不公正な貿易慣行を終わらせるよう求める」
言うこと言って、グダグダ展開はさせないという事ですかね。

中国がどれぐらい抵抗してくるかという事になりますけど、いきなりベタ折りはないでしょうから、少し過激な言葉の応酬になるのかもしれません。
当初の25%ではないので、「まだ上げる余地はあるんだけど」という姿勢で臨むわけですから、どこに落としどころという事になりますけど、難しいでしょうね。

一部引用
トランプ政権は、米企業に対する技術移転の強要など、中国の不公正な貿易慣行を問題視。米通商法301条に基づき、8月まで2度にわたって計500億ドル相当に25%の関税を上乗せする制裁を発動した。
技術移転の強要とかこのあたりの対応で、米通商法301条を持ち出してますから、簡単には引かないでそれ早々の成果を求めるでしょう。

どんな反応と、何を対抗措置と言い出すか注目でしょうか。
posted by はせんき at 11:21| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。