2018年09月21日

波紋呼びそうですね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180921/wor1809210013-n1.html
露最新鋭兵器調達で中国装備発展部長に制裁 米政府、敵対国への制裁法を適用
制裁法の適用だそうですよ。
ロシア製兵器調達で制裁だとか。
一部引用
中国人民解放軍の共産党中央軍事委員会装備発展部と李尚福部長を制裁対象に指定した。
中略
ロシアの33個人・団体も追加指定した。
が対象だそうです。

一部引用
トランプ米大統領が20日、ロシア、イラン、北朝鮮に制裁を科す「対敵対国制裁法」(CAATSA)の発動を命じる大統領令に署名したのを受けた措置で、米国内の資産凍結や米企業との取引禁止などの措置がとられる。
米国内での資産凍結とか取引禁止とかかなりきついことになるようです。
この手の法律の適用に関しては、結構えげつない事やりそうですので、対露取引とかは相当に慎重にならないといけない状況になるのではないですかね。

中国に関しては関税のあたりで利益が少なくなるというのが先にくるので、利益回収できるかという事とかが問題になるのではないのでしょうか。
資金持ち出しにも制限かかっていたはずですので、このあたりババ引かされないようにする必要があるのではないですかね。

中国市場がーとか言う人がいたら要注意ではないのでしょうか。
posted by はせんき at 20:47| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。