2018年09月22日

ごまかしでないかね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180921/wor1809210026-n1.html
南北両首脳、発射台廃棄は「不可逆的非核化」で一致
これだけですますのかと。
発射台破棄だけで「不可逆的非核化」という事にしたいみたいです。

一部引用
ミサイル施設の廃棄などによって米側が求める「検証可能かつ不可逆的な非核化」をクリアできるとの認識で一致したことが分かった。
こんな認識だそうです。
発射台であって、核兵器そのものではないのですよね。
言葉の概念が根本的に違うというのなら、相当に問題になるのですけど、朝鮮語(ハングル)ですからね。
日米の基準では測れない何かがあるのでしょうか。

一部引用
文氏は「北朝鮮が使った立ち会いや永久廃棄という用語は検証可能な不可逆的廃棄と同じ意味だ」と指摘。ミサイルの発射も改良もできなくなるとし、核施設廃棄の用意も表明したことで「敵対関係を終息させる措置を取る必要がある」と米側に求めた。
機能的文盲という言葉が浮かんでしまいましたけど、大丈夫なのでしょうか。
発射台の破棄なんて、再使用に耐えられないのを破棄でも達成なわけです。
改良しなくても米国本土に届くというのを確認できていれば問題にはならないわけです。
それこそ”戦略兵器”に求められるものですからね。
混乱しやすいので注意ですけど、戦略と戦術は似ているようで違います。
(累積戦略と順次戦略という考え方もありますけどこれも混同してはいけません。)
このあたり、明確に違うと考えないと、大きな間違いを起こすのではないのでしょうか。

一部引用
米側は既に北朝鮮に外相会談や実務協議の開催を呼び掛け、金氏も早期のポンペオ米国務長官の訪朝やトランプ氏との再会談を望む意向を表明している。
このあたりでどのようなことになるか、注目ですね。
韓国の動き次第では泥沼になりそうですけど、どうなんでしょう。
韓国人(朝鮮人)は楽観的でご都合主義的に考え過ぎているようにしか見えませんけど気のせいですよね。
posted by はせんき at 16:25| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。