2018年09月24日

発動しました

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/180924/wor1809240010-n1.html
米が対中制裁第3弾、関税2千億ドルを発動

http://www.sankei.com/world/news/180924/wor1809240014-n1.html
中国、600億ドルの対米報復関税を発動

対中制裁の関税が発動しました。
2000億ドル規模だそうです。

中国はというと
対米報復という事で600億ドルだそうです。

桁が違いますね。
米国は上乗せの余地ありです。
年末まで10%で年明けから25%の予定だそうです。
対する中国ですが・・・
5%〜10%で品目ごとに違うようです。

余裕があるのはどちらなのでしょうか。
日本のマスゴミはこの辺り触れようとしないでしょうね。



中国が世界の工場でいれるかはもう少し様子見していた方がいいでしょうね(棒)
どこかの大手企業の上層部とか煽った人たちは責任を取らないでしょう。
下に全部押し付けて逃げるでしょうと勝手に予測しておきます。

posted by はせんき at 16:21| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。