2018年09月28日

強気には出なかったのはどちらでしょう

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/180928/plt1809280002-n1.html
日中外相、安倍晋三首相の10月訪中へ会談 相互往来の重要性確認へ

http://www.sankei.com/politics/news/180928/plt1809280006-n1.html
日中外相が会談 河野氏、北の瀬取り対策強化求め、王氏「厳しく対応する」

https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/cn/page4_004376.html
日中外相会談

あまり強気には出てこなかったようです。
余計なこと言ってカウンターくらうのを避けたのでしょうか。
いつもの中国なら、もう少し強気で来ると思っていたんですけどね。

瀬取りには協力的姿勢を示すというのは、建前とやっている振りでごまかそうというところでしょうか。
非核化そのものは中国(共産党)も同意するでしょうから、このあたり最終的にどこに落としどころを持ってくるかが今後の焦点でしょうか。

日本のメディアは訪中がーだけで済まそうとするのでしょうかね。
posted by はせんき at 12:57| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。