2018年09月30日

だいじょうぶか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/180930/plt1809300009-n1.html
立憲民主党が初の党大会 「最強の野党」へ活動方針採択 枝野代表「遠からず政権担う」
最強の野党だそうです。

あれですか、
「ぼくのかんがえた最強の野党」(笑)
「ぼくのかんがえた最強の野党」(笑)
「ぼくのかんがえた最強の野党」(笑)
大事な事だから3回

なんかすごい認識です。
ベタなラノベよりも酷い筋書きという落ちですかね。
それとも山もなく落ちもなく、あるのは批判だけという事になるのでしょうか。
二重基準というのと説明責任を果たさないというのがありますかね。

一部引用
立憲民主、国民民主、共産など野党6党派が候補を一本化すべきだと唱え「安倍晋三政権を倒すため、小異を捨てて徹底的に野党連携を追求する」と宣言した。
選挙互助会でもやるのでしょう。
野党議員での票の食い合いを避けたいという事なんでしょうね。

一部引用
準党員である「立憲パートナーズ」の活動を本格化させることや、党のツイッターのフォロワーを現在の20万人から30万人に増やす目標も盛り込んだ。
活動家が暴れるんですね。
ツイッターは有効に使うと面白いと思いますけど、アカウント水増しなんてやる気になればできますよね。

とりあえず、説明責任というのを果たしましょう。
posted by はせんき at 20:18| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。