2018年10月01日

泥沼一直線かね

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/180930/plt1809300028-n1.html
安倍晋三首相、自民推薦候補敗北に「残念だが仕方ない」

http://www.sankei.com/politics/news/180930/plt1809300030-n1.html
共産・志位和夫委員長「歴史的勝利」

http://www.sankei.com/politics/news/180930/plt1809300032-n1.html
宜野湾市長に与党系・松川正則氏

http://www.sankei.com/politics/news/180930/plt1809300034-n1.html
玉城氏勝利で辺野古移設、泥沼化の恐れ 工事妨害を明言

泥沼一直線になりそうですね。
県外の立場なので見ているだけというのが、私個人という事なわけですけど、泥沼化一直線ですかね。
マスゴミとか活動家がバックアップしていたようですし、今後に響くでしょうね。

一部引用
米国人の父を持つ玉城氏は「私はお父さんの血が流れているから、向こうの人たち(米政府)は絶対否定できない」と移設交渉に自信を見せるが、米政府の戦略的判断と血筋は全く関係がない。
この辺の判断がどうしようもないかと。
この記事でも書かれていますが、国益という点になると別の顔を見せるのが米国です。
アジア太平洋地域での展開力等を先に考えるのが、米国でしょう。
個人の血だとかというのは、そのあとになります。
そもそも取り上げてもらえるのか疑問です。
最悪、裏切り者扱いされるのではないですかね。

宜野湾市が与党系ですからまだ救いはあるかもしれませんけど、悪夢な展開になりそうですね。
posted by はせんき at 00:31| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。