2018年10月02日

根本的な所から疑問しかないですけど、気のせいでしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/politics/news/181002/plt1810020002-n1.html
玉城デニー氏「基地問題 国は真摯に協議を」「鳩山政権時と状況変化」
http://www.sankei.com/politics/news/181002/plt1810020001-n1.html
玉城デニー氏、自衛隊と米軍の基地共同使用協議も インタビューで表明 沖縄県知事選

なんかご都合主義でしょうか。
一部引用
政権と県との協議を望みたい。
強硬的な基地反対訴えていませんでしたかね。

一部引用
県が辺野古の埋め立て承認を撤回したことに対し、国が司法に訴えれば訴訟合戦になってしまう。最初から対話も協調もない前提となってしまいかねない。どうすればこの問題を解決できるか、国側は真摯に協議していくべきではないでしょうか。
強硬的措置で訴訟コースにしますということでしょう。
いまさら、話し合いなんて、時間稼ぎするだけと見られているんですけど、この辺りどうなんですかね。

最高裁で判決出ていますけど、どう対応しますかね。

一部引用
将来、自衛隊と米軍が基地を共同使用するときには、基地の使用協定を作りましょうという話が出てくるかもしれません。
あまりにも都合よすぎです。
米軍との共同利用とか言う事が起きるとすると、北東アジアの軍事政治情勢に相当の変化が出た後の事になります。
どこかの隣の国で”革命”が起きるという確かな情報があるのでしょうか。

一部引用
外務官僚に偽の文書をつかまされたからです。米海兵隊が運用するCH46ヘリコプターは65カイリ以内でしか運用できないと書いてあったが、オスプレイの航続距離はCH46の3倍あるので、飛行場と訓練場が65カイリ以内になくてもいい。
なんかごっちゃになってますね。
外務省が防衛省がらみの文というわけ判らんこと言ってません?
航続距離の情報なんて、公開している距離と現実の距離との差とか、軍事機密そのものでないですか。
このあたりめちゃくちゃなんでしょう。
米軍(米国)がものすごい配慮してくれると勝手に思い込んでいませんかね。

一部引用
かつての「島ぐるみ闘争」のように、むしろ旗を掲げて全国行脚することになるかもしれない。米国のみなさんにお願いし、(ワシントン)DCを占拠する市民運動に発展してしまうかもしれない。それは安倍政権にとって非常に大きなマイナスになります。
おどしですか。
隣の国の関係者とか大量に紛れ込む事態になりそうなことですけど。
後に引けないことにしかなりませんけど、やるんですかね。


沖縄県が長くて4年耐えれますかね。
民主党政権期の日本中で酷かった状況よりも、はるかに酷いことになるのではないのでしょうか。
posted by はせんき at 10:44| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。