2018年10月07日

引き下げた

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/world/news/181007/wor1810070011-n1.html
中国、預金準備率引き下げ 金融緩和で米中摩擦に対応
預金準備金率引き下げだそうです。
一部引用
金融機関から強制的に預金の一定割合を預かる預金準備率を1・0%引き下げる金融緩和措置を発表した。
市場に資金を供給という事でしょうか。
中国の市場がどうなんだというのが別にありますけどね。

中国特殊ルールという市場でしょうから、疑ってかかったほうがいいのかもしれませんね。
中国に何か奇妙な幻想を抱いている、団塊とバブルの問題児がいるのが今後の問題になりそうな感じがします。

いわゆる資本家の、儲かるか損をするかという考え方の人たちだと、もうすでに行動しているように思いますよ。
posted by はせんき at 20:56| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。