2018年10月14日

それなりに言っておかないと

何のことかというと
産経からこんな記事
http://www.sankei.com/economy/news/181014/ecn1810140005-n1.html
為替は交渉の対象外 茂木敏充経済再生担当相
返しですかね。
為替問題とかむりくりに作られてはたまらないという事でしょう。
都合いい感じに振り回されたくないというですね。

為替介入とか意図して行うというのが読まれる段階で失敗だと思うのですけど、どうでしょう。
なんというか、米国の当局者に余裕がないんですかね。
目先のど短期の成果を求めすぎていて、余計にややこしくなっている感じがしますけどね。

米国の有権者が予想以上にお馬鹿なのかもしれませんね。
円高ドル安はどのあたりからとか言う基準を出さないで交渉しようという感じが、すごくいやらしいですね。
とにかくドル高というのであれば、逆は円安ということになりますけど、このあたりはどう考えているのかと、疑問ですね。

マスゴミがもう少しマトモに報道していれば状況が違うのですけどね。
ラベル:為替 対象外 交渉
posted by はせんき at 21:02| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。