2018年10月17日

事態がどちらに動くかはわからない

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/181016/wor1810160012-n1.html
仏韓首脳会談 仏大統領、北への融和措置は否定 国連制裁の維持主張
離れている分、冷めた目で見ているのでしょう。
フランスと同調する国がどれぐらい欧州であるかですかね。
一部引用
マクロン氏は共同記者会見で、「北朝鮮が核廃棄プロセス開始の意思を明確に示す」までは、国連安全保障理事会の制裁を維持すべきだとの考えを示した。
共同記者会見でだそうですよ。
向きを変えたら、ヨーロッパに届くというのを重く見ているというところでしょうかね。

核とミサイル問題が無ければ、民族統一はご自由にと言いたいのかもしれません。
フランスが予想よりお下劣な対応をしなかったみたいですので、不発気味というところですかね。
彼らにフランス流のジョーク(風刺)という偽装された下品な行為を理解できるか疑問ですけどね。


https://www.sankei.com/world/news/181016/wor1810160027-n1.html
米北朝鮮特別代表がロシアなど訪問へ 対北制裁圧力維持要請へ
訪問だそうですよ。
実務者級協議だそうです。
ロシアと協議するようです。
都合のいいことだけ並べるのか、決裂展開になるのか、注目でしょうか。
米国系メディアの様子からすると、裏取引的な事は避ける感じになりますかね。

米国系メディアが何どのように書くかで、推測という感じになりますかね。
posted by はせんき at 00:04| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。