2018年10月22日

緊張状態になりますかね

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/181021/wor1810210014-n1.html
「冷戦の終わりの始まり」だった中距離核戦力(INF)全廃条約締結 相互査察で米ソの信頼醸成
https://www.sankei.com/world/news/181021/wor1810210017-n1.html
INF条約破棄 中国の脅威に対抗で「足かせ」外す 対中軍事的選択肢を拡大

https://www.sankei.com/world/news/181021/wor1810210021-n1.html
ロシア「戦争招く」米を警告 中距離核戦力全廃条約の破棄表明に
https://www.sankei.com/world/news/181021/wor1810210024-n1.html
INF条約破棄 ロシア外務次官「国際社会の非難を呼ぶ」

米国が選択肢を元に戻すようです。
自らの縛りを解除するという事になりそうです。

軍拡競争で当時のソ連はどうなったのかというのがあるのでしょう。
中露向けの対応という事を前面に出してます。

軍事的暴発するなという、隠れたシグナルがあると考えるのが妥当ですかね。
ただ、ロシアだとある程度は対応してきそうですけど、中国はどうかという事になります。
米国議会とかが何を言い出すか注目でしょうか。

どこかで、米国国内の情弱お馬鹿向け演説を”ぶちかます”とは思いますけど、誰がいつやるかですかね。
posted by はせんき at 08:25| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。