2018年10月31日

TPP発効だそうです

産経からいくつかの記事を
https://www.sankei.com/economy/news/181031/ecn1810310007-n1.html
TPP12月30日発効へ 自由経済圏で保護主義対抗 6カ国が手続き終了 域内の関税引き下げ
https://www.sankei.com/economy/news/181031/ecn1810310011-n1.html
TPP11、12月30日発効 世界のGDPの13%占める巨大経済圏誕生へ
https://www.sankei.com/economy/news/181031/ecn1810310019-n1.html
TPP発効 保護主義に対抗 新加盟拡大へ 米復帰なお困難
https://www.sankei.com/economy/news/181031/ecn1810310026-n1.html
TPP発効見込み 経済界として大変歓迎 経団連会長「すごい成果」
https://www.sankei.com/economy/news/181031/ecn1810310030-n1.html
日本への経済効果7・8兆円 牛肉など安く TPP
https://www.sankei.com/economy/news/181031/ecn1810310039-n1.html
TPP12月30日発効 世界GDPの13%経済圏誕生へ
https://www.sankei.com/economy/news/181031/ecn1810310040-n1.html
中国「自由貿易に開放的態度」米脱退でTPP参加論も 
https://www.sankei.com/economy/news/181031/ecn1810310043-n1.html
保護主義に対抗 TPP新加盟拡大へ 米復帰なお困難

少し隠れてしまっている感じの、TPP関係記事です。

各国の国内手続きの関係でもう少し時間がかかる見通しだったようです。

どれだけ影響が出るかというのは不明な所が多いので、心配し過ぎはよろしくはないかと思います。
個人的には、一定以上の品質の製品が安くなってくれるとうれしいですね。

ここで問題なのが、日本人基準の品質と海外基準の品質に差があるかという事になります。
あります。
想像以上に差があります。
想定しているレベルをはるかに超えるものもあります。
このあたり重要なので、繰り返しました。

このあたり、正しい判断をできていれば、あまり困らないと思いますけどね。

相手国が特に力を入れてきているものだとかなり難しいことになりそうですけど、ド単純な”値段だけ勝負”に持ち込まれないようにするのがいいのではないかなとね。
このあたりは各企業が合理的に判断するでしょう。

中国は強気の言い分のようです。
一部引用
中国外務省の陸慷(りくこう)報道官は31日、TPP11の年内発効が決まったことについて「われわれはまだ参加国ではなく中国側の態度に変化はない」としつつ、
遠くから眺めてますというところですかね。
話し合いでのことがらですから、強気な言い方しても大丈夫という判断でしょうね。

追加で加盟したいとか言うところもあるようです
一部引用
TPP11にはタイや欧州連合(EU)を離脱する英国のほか、インドネシア、コロンビア、韓国、台湾といった国や地域が新規加盟に関心を示している。
どんな展開になるか、注目してみますかね。
なんか、法的基盤に問題ありそうなところがありますけど、大丈夫なんですかね。
posted by はせんき at 21:34| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。