2018年11月04日

どこまで、明らかにするかは、交渉役しだいですからね。

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/181103/wor1811030019-n1.html
ポンペオ氏、「来週に北のナンバー2と会う」 金英哲氏か
協議するんだそうです。
具体的な日時とかは、明らかにしていないようです。

時間稼ぎでしょうか。
米国中間選挙の最中ですから、過敏に反応するかもしれませんけど、どうなんですかね。

一部引用
協議では、北朝鮮が坑道を爆破した豊渓里(プンゲリ)の核実験場や、先に北朝鮮が査察受け入れを表明した東倉里(トンチャンリ)のミサイル関連施設の査察実現に向けた調整が行われる見通し。
事前交渉にはいい感じなのかもしれませんけど、都合のいい説明をすることにかけては、ものすごい才能があるでしょうから、注意が必要ですね。
民族的には同一の韓国の”その場しのぎの都合のいい説明だけは”すごいですからね。
韓国政府(大統領)が率先して示してくれていますから、このあたりの能力だけはすごいのでしょう。


強気の姿勢を誇示している?
https://www.sankei.com/world/news/181103/wor1811030025-n1.html
北朝鮮、核と経済の「並進路線」復帰示唆 米を揺さぶり
強気の発言ですかね。
何らかの言質を取りたいという事ですかね。


米中間選挙後に急展開するとか、あってもおかしくはないのですけど、”誰かの地雷を踏む”のは誰かということですかね。
posted by はせんき at 00:07| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。