2018年11月18日

対抗措置取るようですね

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/181117/wor1811170019-n1.html
ペンス米副大統領が演説 中国対抗が鮮明
中国に対して厳しくいくようですね。

ペンス副大統領が強気の演説したようです。

一部引用
中国の関税障壁や知的財産権の侵害を強く批判し、「中国が行いを正さない限り、米国は姿勢を変えない」と述べ、
このあたりで、どこまで耐えるかとか言うところでしょうか。
中国独自基準ですからね。
日米欧の基準ではないわけですよ。
このあたり軽く考えてはいけないのではないでしょうか。

一部引用
相手国を債務不履行に陥らせる「借金漬け外交」を展開していると改めて批判し、
これも問題ですね。
目先で転んだ結果がでているようですし、このあたりどれだけ我慢できるかではないですかね。


違う視点ですけど、こちらも
https://www.sankei.com/world/news/181117/wor1811170026-n1.html
ペンス演説、安全保障でも中国対抗の連携を重視


中国は反発したようですけどね
https://www.sankei.com/world/news/181117/wor1811170027-n1.html
「冷戦も貿易戦争も勝者いない」 習近平氏、トランプ米政権に反論 APEC関連会合で演説
都合が悪いことがあるようです。
一部引用
今月末の米中首脳会談を控えて名指しは避けつつも、トランプ米政権の対中批判に対し、躍起になって反論した形だ。
相当に言われたくないことがあるのでしょう。

一部引用
来年4月に北京で2回目の「一帯一路」国際協力フォーラムを開催することも明らかにした。
来年4月予定だそうです。
どこが参加するのでしょうか。
今後の展開次第で延期とかありえるでしょうね。
posted by はせんき at 00:05| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。