2018年11月25日

もう少し適当な言いかたでもよくないか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/181124/wor1811240014-n1.html
米政府、慰安婦財団解散で日韓の協力促す 対北朝鮮での連携弱体化を警戒
日韓の協力だそうです。

ことごとくダメにしているのは誰かと・・・
表向きの”きょうりょくしろー”だとは思いますけどね。

都合のいい解釈だけの韓国向けにもう少し違う表現で逝ってあげたほうがいいのではと思います。

非核化交渉に影響はあるでしょうね。
ある意味において無慈悲なシナリオも視野に入れる必要があるのかもしれません。

韓国と北朝鮮を丸ごと無政府状態にして、国連統治で一気に解決とかですね。

韓国が親日と親米から離れていますので、日米のとれる選択肢(シナリオ)が減っていると思います。
いくつかの設定を再設定しないといけない状況が来るのではないですかね。

今後極一部の人には不都合すぎる展開になるのではないかと勝手に予測しておきます。
ラベル:協力 解散 警戒
posted by はせんき at 09:52| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。