2018年11月29日

ついかきました

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/181129/wor1811290012-n1.html
韓国最高裁が三菱重工に賠償命令 元徴用工と挺身隊員訴訟 10月に続く日本企業の敗訴確定 
賠償命令だそうです。
こうなるかと予想済みの人は多いかと思います。
そういう点では、”予想通り”ということでしょうか。
向いているところが違うのでしょうね。
韓国人(朝鮮人)の言う未来志向とは、永久の被害者という事なんですかね。
建設的な話し合いができる相手ではないという事を、自ら示していると受けたほうが良さそうですね。

一部引用
戦時労働に絡む訴訟は他にも12件あり、下級審で審理を再開する動きがみられ、今後も同様の判決が続く可能性が高い。
この流れが途切れるという事は考えられないですね。
さらに追加してくるでしょう。

各国の反応とかどうなんですかね。
あと日本国内の野党の皆さんは何を言い出すのでしょうか。
マスゴミの皆さん突っ込みしに行きましょう。

どのように取り扱うかを注目しているのが良さそうですね。
posted by はせんき at 10:57| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。