2018年11月29日

談話とか

何のことかというと
産経の記事から
https://www.sankei.com/politics/news/181129/plt1811290007-n1.html
河野太郎外相「対抗措置も含め、毅然と対応する」元徴用工判決で談話

これの元になるであろう
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/danwa/page4_004550.html
大韓民国大法院による日本企業に対する判決確定について
(外務大臣談話)

変な希望的願望入りのアレな人たちが好きそうな記事より、外務省の公式見たほうがいいですね。
判決から間をおかないで出てきているという事から、いくつかの読み(想定)通りの結果が出たというところでしょう。

あまり驚かないというか、予想が的中というところでしょうかね。
あと12件似たような裁判が進行中で、うち6件が今年中に判決が出るらしいです。

日韓関係が相当に冷え込むというところですが、韓国政府は何をしようとしているんですかね。
感情的な対応するなとか、
過剰反応するなとか
なんか言っているようですが・・・


追加的にこれも出しますね
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000780.html
河野外務大臣臨時会見記録
(平成30年11月29日(木曜日)17時13分 於:本省大臣接見室前)
これは読んだ方がいいです。
全文引用はあえてしませんけどね。

下手なカスゴミの願望交じり報道(記事)でどんなトンデモを言い出すか注目しましょうか。

今のところ冷え込みで済んでいますけど、韓国側の言い方しだいで、断交一歩前まで行くと思います。
(何月何日という形での断言はできませんけどね)
まあ、勝手な予測ですね。
posted by はせんき at 21:07| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。