2018年12月25日

反論ですよ

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/181225/plt1812250009-n1.html
レーダー照射で防衛省が韓国軍に反論の声明

防衛省・自衛隊
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2018/12/25b.html
韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について

防衛腫・自衛隊が公式に反論しています。
韓国側の言い訳を一つずつ潰していくという事でしょう。

現防衛相が妙に弱腰みたいなので、誰か”喝”入れてくれませんかね。
岩屋毅防衛相、もう少しガツンと言いましょうよ。


一部引用
海自P−1の機材が収集したデータを基に当該駆逐艦から発せられた電波の周波数帯域や電波強度などを解析した結果、海自P−1が、火器管制レーダー特有の電波を、
火器管制レーダーは特有の電波みたいですね。
具体的な周波数帯とかは明かしていないですが、相当に特徴あるという事のようです。
このあたり、知ったかなマスゴミの自称識者の解説よりも、ミリオタな人の解説の方がマトモな感じがします。

地上波の皆さんはこの件、避けようとしているんでしょうね。


そんなんでこの記事
https://www.sankei.com/world/news/181225/wor1812250014-n1.html
「誤解を解くため協議を」 韓国国防省
誤解だって・・・
いまさら何言うんでしょうね。

ネットでのまとめで面白いのがありましたので
コピペします。
(少々編集してます)
−−−ここから−−−

韓国海軍火器管制レーダー(FCSレーダー)P1ロックオン事件
韓国見解(嘘)の変遷

そのような事実は無い
 ↓
レーダーを使用した事実は無い
 ↓
現場海域で通常の任務を行っていただけだ
 ↓
実は北の遭難船舶を捜索していた
 ↓
北の遭難船を探す目的でレーダーを使ったが、FCSは作動させていない
 ↓
天候が悪かったため全てのレーダーを使った
 ↓
一瞬だけFCSレーダーのビーム上に海自の航空機が偶然入った
 ↓
日本政府に抗議の事実を公表しないよう要求
 ↓
船舶捜索のためのマニュアル通り、航海用レーダーとFCSレーダーをフル稼働していた
 ↓
P1哨戒機が威嚇してきたのでFCSレーダーのビームを照射し続けた
 ↓
P1哨戒機にFCSレーダーのビーム照射はしていない
 ↓
韓国海軍がP1哨戒機を威嚇する行為は無かった
 ↓
P1哨戒機は韓国海洋警察を無線で呼んでいたので関係ないから無視した
 ↓
日本は大和碓で韓国海軍の活動を制限する意図がある
 ↓
国籍確認のためカメラを向けただけFCSレーダーは起動していない
 ↓
日本は事実関係の明確な確認をせずマスコミに公表した、遺憾だ!
 ↓
安倍首相は低迷する支持率挽回のため反韓感情を利用した←いまココ


さらに追加

日本の哨戒機が高度330メートルまで接近していた

−−−ここまで−−−

嘘を言い続けないと、何か問題でもあるのでしょうか(棒)

こちらも読んでおいた方がいいと思います
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/kaiken/kaiken4_000790.html
河野外務大臣臨時会見記録
(平成30年12月24日(月曜日)16時56分 於:モロッコ・ラバト)
防衛省・自衛隊関連は意識的に発言していないでしょうに・・・
もう少し、絶妙なと言える質問をしてもらいたいものです。


これを忘れてはいけない
https://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_006935.html
金杉アジア大洋州局長と李度勳韓国外交部朝鮮半島平和交渉本部長との意見交換

全文引用します
1 12月24日,金杉憲治アジア大洋州局長は,韓国・ソウルにおいて,李度勳(イ・ドフン)韓国外交部朝鮮半島平和交渉本部長(六者会合首席代表)との間で,意見交換を行いました。

2 両者は,非核化や南北関係の現状及び今後の見通しを含む北朝鮮情勢について意見交換を行うとともに,引き続き,朝鮮半島の非核化に向け,日韓,日韓米三か国で緊密に連携していくことの重要性を確認しました。

これだけです。
冗談ではありません。
外務省公式を参照してください。


事態急変する可能性が高いと判断するのが妥当ですかね。

在韓邦人の皆さん、自分だけは大丈夫と、過信はいけないと思いますよ。
勝手に忠告とさせていただきます。
posted by はせんき at 20:56| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。