2019年01月03日

微妙に狙ってきたかな

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190102/wor1901020018-n1.html
資産差し押さえに着手 韓国「徴用工訴訟」の原告団
資産差し押さえだそうです。
日本は年末年始状態なわけですが、韓国は少し違いますからね。
ただ、タイミングを意図的に狙ったというのはあるでしょう。
本来なら、12月25日にでも手続き開始出来たわけですからね。

一部引用
「株式差し押さえの場合、売却命令の申し立てが一般的だが、協議を通しての問題の円満解決を望んでおり、売却命令を求める申請はしなかった」
とにかく、長引かせて、タカリ続けたいという事なんでしょうね。
円満解決なんて、言葉だけでしょうに・・・
翻訳した人が配慮したのでしょうか。
言葉は知っていても、概念とかが追い付いていないでしょうからね。
こうして考えると、教育というのは大事ですね。

一部引用
韓国政府が対応に苦慮する中、日韓関係は日々悪化している。
彼らがもう少しマトモであれば、もう少し違う展開だったのでしょう。

今後ですが、これまでが異常に歪んでいたという認識でいいのではないでしょうか。
日韓断交を視野に入れたうえで、距離を置いた対応をするのがいいのではないですかね。




在日韓国人(朝鮮人)の皆さん、覚悟はいいですか。
元韓国籍(朝鮮籍)の皆さん、覚悟は決まりましたか。
それなりに事態悪化はすると思っていましたけど、相当に速い展開になっている感じです。
マスゴミが騒ぎ出す時には、どうにもならない可能性が有ります。
早めの対応をしたほうがいいでしょうね。

在韓邦人の皆さん、自分だけは大丈夫なんて、無駄な過信はダメですよ。
旧正月までにどうなるかという事でしょうか。

勝手な忠告とさせていただきます。
posted by はせんき at 00:19| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。