2019年01月08日

後出しで、マニュアルだそうです

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190108/wor1901080027-n1.html
友好国機の威嚇飛行の対応マニュアル作成 韓国国防省
威嚇飛行だそうです。
マニュアル作成だそうですよ。

一部引用
韓国には主に敵国や国籍の識別不能な軍用機の威嚇飛行に対するマニュアルはあったが、友好国に対するものはこれまでなかったという。
なんだそうです。
とりあえず友好国という事を言っておかないといけないという判断しているようですけど、意味不明ですね。
普通に仮想敵国扱いしているのは何処の軍かという事ですけどね。
韓国海軍がどこ向きの装備しているかとかそんなに突っ込まれたいのでしょうか。
韓国空軍もですかね。
対北朝鮮という事であれば、かなり過剰な装備だと思いますけど、韓国人(朝鮮人)の考えることですからね。
対中国と対ロシア(旧ソ連)いう事は考えていないのかもしれませんね。
この辺りまともに考えれるのであれば、今頃朝鮮半島に統一政体が成立していたというIFも考えられますけど、現実は厳しいですからね。



ついでにこの人大丈夫なのかと疑問視しましょうか
https://www.sankei.com/politics/news/190108/plt1901080007-n1.html
レーダー情報、韓国への提示を示唆 防衛相 公開は否定
もう少し言いようがなかったのかなと・・・
微妙に問題をおかしな方向にしようとしていませんかね。
岩屋毅防衛相は要注意で見ていた方がいいのではないかと思います。
一部引用
互いに『秘』をかけた状態で交換することはあり得る」と述べた。
いまだに何かしらの幻想にとらわれているのか、それとも・・・何かあるんですか?

もう少し違う言いかたもあると思うんですよね。
一昔前で言う、通称”象の檻”での救難信号を含む通信傍受データとか
高度を含む位置情報に
旗の掲揚とか

対韓国でかなり厳しい状況になってきているわけですが、一部特殊思考の人たちは”大喜び”なのでしょうか?
どっちもどっちとか冷静にとか言い出している人は誰か注視しましょうかね。

この件で野党議員の皆さんが騒ぎ出すのを待っているんですけどね。
ものすごいトンデモ解釈を披露してくれることを期待しているのですよ。
posted by はせんき at 21:31| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。