2019年01月10日

この視点とか、もう少し詳細が知りたいですね

何のことかというと
先に産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190110/wor1901100031-n1.html
文在寅大統領会見、金正恩氏の“弁護人”鮮明に
”弁護人”だそうです。
すごく、気を使っていませんかね?
モノはいいようですからね。
産経の記者さんは優しい表現にしているんでしょう。
「代弁者」とか「傀儡」とか「操り人形」などほかの言いかたもあると思いますよ。
一部引用
「国際社会が求める完全な非核化と(金氏の考えに)違いがない点を明らかにした」
文氏が勝手に思い込んでいるだけではないですかね。
思い込みで自分を洗脳したのかもしれませんね。(文氏も韓国人(朝鮮人)だもの)

たまにはNHKを参照しましょうか
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190110/k10011773331000.html
韓国ムン大統領 「徴用」めぐる裁判で「互いに知恵絞るべき」
微妙に薄い感じですかね。
もう少し濃い記事期待したんですけど・・・

何故かというと産経のこの記事で↓
https://www.sankei.com/world/news/190110/wor1901100030-n1.html
文在寅氏 日本メディアの質問に回答は1回 年頭会見
一部引用
日本のメディアも挙手を続けたが、約90分の会見の終盤になり、ようやくNHKの記者に質問の機会が与えられた。
日本のメディアではNHKの記者だけだったようなんですよ。
せっかく記者としての質問をしたのに、もっと取り上げないのかななんて思いますよ。
(取材費用は受信料から出ていますよね)
せっかく、仕事=取材を産経新聞の記者さんが取り上げているのですから、もっと大きく扱ってもいいのではなんて思います。

少し戻ってこちら
https://www.sankei.com/politics/news/190110/plt1901100032-n1.html
文大統領発言に反発の声、日本政府は対抗措置引き続き検討
対抗措置だそうです。
粛々と積み上げるでしょうね。
日韓関係が相当に冷え込むのは確定です。
ICJ提訴からの日韓断交も視野に入っているでしょう。

表立って見えていませんが、各企業と投資家は撤退前提でいるでしょうね。

3月1日は韓国の記念日らしいので、このあたりが一つの目安でしょう。
旧正月のあたりには何かの兆候が出ていそうですね。
posted by はせんき at 20:57| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。