2019年01月15日

どこまで行くのでしょう

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190115/wor1901150012-n1.html
韓国、レーダー情報開示拒否 「無礼な要求」と日本を非難
非難だそうです。
拗れるで済まない段階に入ってるという事に気が付いているのでしょうか。
対日で弱気になれないというのがあるかもしれませんけど、それはかの国の選択ですからね。

一部引用
協議で日本側は、韓国駆逐艦の全体的なレーダー情報(周波数)を明らかにすれば、日本側の収集したデータの一部を示すと提案したが、韓国側はこれに応じなかったという。
答え合わせしましょう、というのを拒否という事ですね。
単純に公開という事だと「違うニダ」でしょうからね。

この件、米軍(国防省)は完全に把握しているでしょうね。
介入してこないというのがこれまでと違うという事なのでしょう。

一部引用
「韓国としては受け入れ困難で、非常に無礼な要求であり、問題解決の意思がない無理な主張だ」
この段階になってしまった以上「一番マシな解決方法」だったわけです。
素直に「ごめんなさい」する機会を自ら放棄したと言えるでしょう。
表向きかつ建前上は”友軍”扱いできるギリギリというのがあるわけです。
今回の件で、このような事を公式発言してしまったので、次の段階に強制的に進めたことになります。
第3国の仲介というのがあり得るかというと・・・一番やりかねない米国が表向きには動いていないんですよ。
事実上の敵になる可能性のある存在(組織)として対処するのが妥当でしょうね。
仮想敵国という段階をすっ飛ばしたともいえるのではないですかね。
posted by はせんき at 17:11| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。