2019年01月15日

これはどうしましょう(棒)な話とか

何のことかというと
産経からまずはこの話
https://www.sankei.com/politics/news/190115/plt1901150029-n1.html
菅官房長官「日韓双方のデータ提示が不可欠」 レーダー照射問題
データー照合しましょうということです。
一部引用
「客観的、中立的な事実確認を進める上で双方が必要なデータを示すことは不可欠だ」
客観的に物事を見るという事が彼らにはできるんですかね?
立場的には、微妙な言い回しも必要だと思いますけどね。

意味不明な質問をするという事で有名な、記者はダンマリしていたのでしょうか。
アレな人相手にしないといけないわけですから、それなりに高給でもいいのではないですかね。

一部引用
「日韓が把握する事実を突き合わせて何が真実か、どう解決していくかを話し合う必要がある」
事態が悪化して、どうしようもないという判断をしたくないのでしょうね。
腐れサヨクとかパヨク対策がまだでしょうからね。
シビリアンコントロールの問題もありますし、自衛隊の指揮官は内閣総理大臣ですからね。
(自衛隊法第7条)
この辺を考えると、あまり強硬なことは言えないわけですけど、もう少し言いかたがあるのではないですかね。
これまで、友軍で友好的としてきたのが”無駄になった””無意味になりました”と認めたくもないのでしょう。
米国(米軍)の横ヤリとかあったにしろ、表向きは友好的に振舞えたわけですからね。
事態が進んだという事は言わないといけないと思いますけどね。
正確には、”一方的に韓国側が進めてしまった”こちらの方が正しいのでしょうけどね。

もうひとつ
https://www.sankei.com/world/news/190115/wor1901150013-n1.html
「北朝鮮は敵」、日本と「価値共有」記述削除 文政権初の国防白書
国防白書の件です。
なかなかすごい記載になったようです。
一部引用
白書では北朝鮮を「敵」とした従来の表記を削除する一方、日本については「自由民主主義と市場経済の基本価値を共有している」との表記が省かれた。
大転換ですね。
韓国陸軍はどこ向きになるのでしょうか?
日本についての記載も削ったようです。
この事から、対日本で敵対行動をとるという可能性が高くなったと判断するしかないですね。
韓国国防省の公式見解ですからね。

一部引用
また、白書からは北朝鮮の核・ミサイル脅威に対し日本と協力するとの記述もなくなった。米国以外の周辺国との軍事交流と協力の記述順も、これまでの「日本、中国」から「中国、日本」の順に変わった。
北朝鮮に関しては・・・そうですかと・・・
軍事交流の順位が下がったようですけど、(韓国から)疎遠になってくれるんですね。
中国と軍事交流だそうです。

米韓同盟が最後の重しになるんですかね。
米国がどんな反応をするかというのが気にはなりますけど、日本のメディアは突っ込まないでしょう。

在韓邦人の皆さん、かなり緊迫化してくることが予想されます。
自分だけは大丈夫なんて、未意味で無駄な過信はいけません。
勝手な忠告とさせていただきます。


特定アジアという事にしぼると
2月8日が暫定的な一つ目のタイムリミットですかね。
次が3月1日でしょうか。
適当な予測ですので、ハズレても文句はナシでお願いします。
posted by はせんき at 21:29| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。