2019年01月19日

牽制だそうです

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190119/wor1901190023-n1.html
証拠の「音」公開を牽制 レーダー問題で韓国国防省
公開を牽制だそうです。
一部引用
「以前のように事実を歪曲したり、両国間の対立を助長する意図で不正確な内容を一方的に主張したりするのは望ましくない」と主張し、
公開するということだけで、この反応です。

一部引用
国防省はコメントで「不正確な警告音を公開して威嚇を受けたと主張することは、国際社会に誤った認識を与える」と指摘。「(照射されたとする)日時や方位、周波数の特性など正確な情報を公開すべきだ」と要求した。(共同)
まだ公開していないのに・・・この反応です。

よほど都合が悪いという事なのでしょう。

関係者が見たら、確実に一定の見解になるという内容があるという事ですかね。
韓国側にとって、不都合の内容でしかないことが予測できますけど、どれぐらいのものが出てくるかですね。

この問題について、
位置情報に旗、救難信号とかには触れていないわけです。

防衛省・自衛隊が相当にキレているという事でしょうか。
野党がアレなので、言葉を選んでいるのでしょう。

野党の皆さん、静かすぎですよね。
いつもなら、「セイフノタイオウガー」「ボウエイショウガー」「ジエイタイガー」とか言っていそうなのですけどね。
posted by はせんき at 21:44| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。