2019年01月20日

TPP

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/economy/news/190119/ecn1901190019-n1.html
EU離脱控える英国、TPP加盟に意欲示す 韓国は加盟迷う
https://www.sankei.com/politics/news/190119/plt1901190007-n1.html
安倍首相「自由貿易の歴史に新章開いた」 TPP発効記念式典であいさつ
https://www.sankei.com/economy/news/190119/ecn1901190022-n1.html
TPP閣僚級会合、声明で「新規加入で拡大」明記 タイが有望視

一部引用
昨年12月に発効後初めてとなる閣僚級会合「第1回TPP委員会」を開き
開催だそうです。
騒がれていた、米国が参加していません。
忘れてはいけないのが、途中で離脱したという事です。
思惑はいろいろなわけですけど、米国の都合だけという展開ではなくなったというのが大きいのではないですかね。

一部引用
「TPPはまさに21世紀の経済秩序、貿易ルールのモデルになる。協定のメリットをそれぞれの国の消費者、企業が最大限に享受することでアジア太平洋地域のさらなる繁栄が約束される」
自由貿易の名目の「無秩序、無制限」に待ったという事でしょうか。
このあたり、何やらありそうです。
とりあえずは一定のルールを守りましょうですね。
英国が強い関心を示しているらしいです。

一部引用
一方、TPP加入の積極論と慎重論がせめぎ合っている国もある。

 「TPP参加で板挟みにある韓国」

韓国の英字紙、コリア・タイムズ(電子版)は今月上旬、同国でTPP参加の可否が割れていると報じた。
いつもの韓国ですね。
一定の(ハイレベルであろう)ルール、約束、契約に条約で取決めを守りましょうなのですけど・・・
勝手な願望で、また「後頭部を殴られたニダ」とか喚くのでしょう。

正直、韓国製品の代替えは問題ないとおもいます。
単純に安いだけなら、中国というのがとりあえずありますし、さらにTPP加盟国が加わりますからね。
posted by はせんき at 00:03| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。