2019年01月23日

泥仕合に持ち込みたいのでしょう

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190123/wor1901230021-n1.html
日本哨戒機が韓国艦艇に低高度で威嚇飛行と韓国国防省

https://www.sankei.com/politics/news/190123/plt1901230041-n1.html
岩屋防衛相、韓国の「近接威嚇飛行」に反論

威圧飛行だとか言い出しました。
対日で強く言いつのる事しかできないという事なのでしょう。

岩屋毅防衛相の微妙な言いかたが誘発させていると考えてもよさそうです。
現場の人たちを応援したいと思います。

韓国側の主張では
一部引用
「韓国艦艇から約540メートル離れた上空を哨戒機が高度約60〜70メートルで接近威嚇飛行した。明白な挑発行為だ」と主張。
直線500mも離れていたら、結構小さめなサイズになると思うのですけどどうなんでしょう。
高度が低いとか言っているようですけど、証拠画像とかあるんですかね。
かの国ですから、距離のスケールがトチ狂っている可能性が有りますけどね。

一部引用
岩屋氏は「正確ではない。高度150メートル、距離500メートル以上を確保し、従来通り国際法や国内法にのっとって適切な運用を行った」と反論した。
という事を述べています。

今回の場所ですが
韓国が管轄権を主張している東シナ海の暗礁、離於島(イオド)の付近
目標になりうるものがあるところのようです。
目標になる物がないとかとなると、かなり難しいのでしょうけど、暗礁という事のようですので、目安とか取りやすいのではないでしょうか。
距離感狂っていたら、こんなものでは済まないと思うんですけどね。


政府自民党がどう動くかでしょうかね。
韓国側が追加の動画とか出してくるのか、このあたりも注目しましょう。
posted by はせんき at 21:24| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。