2019年01月25日

なーんか、でてきた

何のことか
防衛省・自衛隊の公式から
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2019/01/24c.html
北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」と船籍不明の小型船舶による洋上での物資の積替えの疑い

このタイミングで、瀬取りの疑いだそうです。

この発表ですが
一部引用
平成31年1月18日(金)午後、北朝鮮船籍タンカー「AN SAN 1号」(IMO番号:7303803)と船籍不明の小型船舶が、東シナ海の公海上(上海の南約410qの沖合)で接舷(横付け)していることを海上自衛隊第1海上補給隊所属「おうみ」(佐世保)が確認しました。
ここに注目したいのです。
”東シナ海の公海上(上海の南約410qの沖合)で”
場所の情報があるんですね。

再確認したところ
http://www.mod.go.jp/j/approach/defense/radar/index.html
韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案
こちらの文章には、”能登半島沖において、”と記載されていました。

改めて、訂正とお詫びを申し上げます。

とはいうものの、能登半島沖のどのへんだと?突っ込み入れるわけですけどね。
詳細が出ていないのはどうしてだと、突っ込みは入れておきたいところです。

このタイミングで、瀬取りの話が出てくるというのは、何かあるんですかね。
posted by はせんき at 00:13| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。