2019年01月25日

もう少し言い方考えようよ

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/190125/plt1901250033-n1.html
岩屋毅防衛相「韓国に事実認めるよう求めている」 照射受けた海自部隊視察

https://www.sankei.com/world/news/190125/wor1901250023-n1.html
「日本側が相応の資料提示を」韓国国防省が反論

記事の時間的にはほぼ同時です。

韓国側がいつもよりも酷くなっているというか・・・なんだかね、なわけですけど。

それよりも、岩屋毅防衛相もう少し言い方変えません?
事態がこうなっている以上それに対応した言いかたにしないといけないと思うんですよ。
以前のままの言いかたで言っていては”ダメ”ではないですかね。
(韓国側に)無駄に非合理な確信を抱かせていませんかね。
コトナカレ的な逃げ腰の対応すると、余計に泥沼になりそうです。

一部引用
一方、日本側から証拠を示す考えについては「特にない」と述べた。
こんな言いかたでは意味ないですね。

自滅的な対応を誘発にしても、カウンター狙うにしても、もう少し言い回しがあると思うんですよ。
防衛省・自衛隊のみなさんはどう思うのでしょう。
冷めた目で見ていても驚きませんね。
posted by はせんき at 21:10| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。