2019年01月27日

合意できるのでしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190126/wor1901260018-n1.html
米、中国に改革の確約要求へ 30日から閣僚級貿易協議
確約要求だそうです。
いつもの口先だけではダメだと、いうことでしょう。
何らかの仕組みを実行させても、まともに機能するか疑問ですけどね。
奇妙な幻想を捨てきれていたら、米国側の一方的な展開になるかもしれません。

一部引用
「通貨問題は協議のリストに載っている。重要な問題のひとつだ」と述べて、閣僚級会合で人民元の為替相場問題が議論されるとの見通しを示した。
このあたりどこまで突っ込むかが一つのポイントでしょうかね。

春節前にどれぐらいの事になるか、協議後の発言に注意する必要がありそうです。
posted by はせんき at 07:55| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。