2019年06月04日

なんか、凝った言い回しが来ましたよ

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190603/wor1906030004-n1.html
北朝鮮が「面の皮が厚い」と批判 安倍首相の無条件会談提案に
面の皮が厚いだそうです。

スピーチライターを変えてきたんですかね。

これまでの、お憂げさで過剰修飾とは違う感じです。

一部引用
「わが国に天下の悪事を働いておきながら、面の皮がクマの足の裏のように厚い」
クマの足の裏だそうです。

クマ
クマ
クマ

何となく繰り返してみました。

檀君神話とかいうよくわからんものがあるらしいですけど、そんなにクマが好きなんですかね。

クマのAAとか探したほうがいいのでしょうか。

一部引用
「安倍は協議方針が変更したかのように宣伝し、執拗(しつよう)に平壌の扉をたたくが、わが国への敵視政策に変わったことなどない」
こちら(日本)の言い分を認めたら、体制崩壊でもするんですかね。(棒)

一部引用
「わが民族にもたらした罪悪の清算を考えず、憎らしく振る舞っていては『日の沈む国』『沈没する国』の境遇から永遠に抜け出せなくなる」
北朝鮮が成立したのはいつでしたかね?
根本的な所から、ズレているんでしょうね。
沈む国でもいいですから、在日朝鮮人(韓国人)に帰国命令でも出してあげたらいいと思いますよ。

韓国があの状況ですから、こんなことになるんですかね。
posted by はせんき at 00:05| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。