2019年08月05日

設問の問い方が適当なのか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/190805/plt1908050015-n1.html
ホワイト国除外「支持」67・6%、改憲議論の活発化支持が6割超 産経・FNN合同世論調査
支持とか、結構あったようです。
この手のものには、設問そのものが適切かというのがあるんですよね。

積極的支持なのか、消極的支持なのかというのが不明瞭で判断ですから、目安程度という感じでしょうかね。
意図的に、恣意的な問いかけにしているのとかもありますからね。

現状の問題の大きなところでは、争点の対抗軸があまりにもダメすぎて、どうしようもないという事でしょうか。
野党があまりにもダメすぎで、意味不明にグダグダになるでしょうかね。
posted by はせんき at 17:14| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。