2019年08月15日

一部延期だとか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190814/wor1908140002-n1.html
米政府、対中制裁関税「第4弾」の一部を12月まで延期 貿易交渉の余地残す
https://www.sankei.com/world/news/190814/wor1908140013-n1.html
トランプ氏、対中関税延期はクリスマス商戦を考慮
https://www.sankei.com/world/news/190814/wor1908140016-n1.html
トランプ氏、再選見据え悪影響回避 対中制裁関税一部延期 完全撤回求める声も

一部言延期だそうです。

一部引用
USTRによると、関税適用を延期する品目は、スマートフォンなどの携帯電話やノートパソコンのほか、ビデオゲーム機、おもちゃ類、コンピューター用モニター、靴と衣類が含まれる。米国が中国からの輸入に頼る割合が高い品目が中心となる。
かなり中国に流れたという事でしょうかね。
単純コスト勝負みたいな展開だと、まだ中国の方が有利みたいです。
組み立てというだけなら、基本的には品質の問題が起きませんからね。
使っている部品が問題引き起こすというのはありますけどね。
米国価値観の”おおざっぱ”というのは品質には緩めでもいいという事につながりますからね。
機械の精度がそれなりであればそれなりの品質にはなってしまいますからね。


国民性の違いとか言うのもありますから、何とも言い難いものはありますよね。
posted by はせんき at 01:25| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。