2019年09月05日

判り易い動きはなかったようです

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/190905/plt1909050011-n1.html
首相、プーチン露大統領と会談 領土問題「未来に向け議論したい」
首脳会談はしたようです。
一部引用
首相は「平和条約問題や国際課題について意見交換し、未来に向けて議論したい」と述べ、北方領土問題を含む平和条約締結交渉の推進に意欲を示した。
意図的に、このような言い方になっているという感じでしょうかね。
朝鮮半島情勢の展開次第では「面倒」なことになりますから、ある程度の方向が確定するまでは、先送りでしょうかね。
その選択肢しかないという状況が確定まで、表向き動かないという事も視野に入っているのではないでしょうか。
日新日露戦争の開戦の大きな要素ぐらいは分析しているでしょうからね。
状況の確定という意味では、北が南に仕掛けるしかないという状況も一つのシナリオですね。

このあたり、踊らされてはいけないと思いますね。
posted by はせんき at 16:34| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。