2019年09月12日

冷静に俯瞰しましょう

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/190911/wor1909110016-n1.html
トランプ氏、ボルトン大統領補佐官を「解任」
https://www.sankei.com/world/news/190911/wor1909110026-n1.html
イラン、ボルトン氏解任で「彼が先に去った」「イラン理解の障害少なく」

意図的に何かをやろうとしている、というのがありますけど、疑いすぎでしょうか?

何か裏があっても、おかしくはないと、疑い目で見ています。

メディアの報道でどのように騒ぎ立てるかという所でしょうか。


ついか
https://www.sankei.com/world/news/190911/wor1909110032-n1.html
ボルトン氏「解任」 米政権内で孤立 北朝鮮への圧力路線軟化に懸念 惜しまれる退場




数日は憶測記事多数ですかね。
ラベル:障害 理解 解任
posted by はせんき at 00:07| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。