2019年09月29日

誰が主導しているのでしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/190928/plt1909280007-n1.html
米政権が対中投資制限を検討 一部報道 上場廃止も 資本市場でも米中分断
米政権内で検討だそうです。

一部引用
検討は初期段階で、対中強硬派のナバロ大統領補佐官らが主導。検討開始についてはトランプ米大統領が了承した。

一部引用
米議会には中国政府による投資規制など市場の閉鎖性を問題視する超党派のグループがおり、

米政権は強硬な手段を行使する思考はあまりない感じもしますけどね。
取引できればいいというのが基本だと思うのですけど、どうですかね。

中国の株式企業に関連する制限とかいろいろあるのは事実なわけです。
今後の展開次第では、何らかの影響が顕著に出るのではないでしょうか。
posted by はせんき at 00:26| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。