2019年10月21日

無秩序に進むのでしょうか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/191019/wor1910190028-n1.html
英議会、EU離脱案採決見送り 首相は延期申請を否定
https://www.sankei.com/world/news/191020/wor1910200003-n1.html
英離脱再び迷走 反対派動議可決…ジョンソン首相窮地に
https://www.sankei.com/world/news/191020/wor1910200007-n1.html
ジョンソン首相がEUに延期を申請する書簡提出 「延期は誤っている」との添え状も一緒に送付
https://www.sankei.com/world/news/191020/wor1910200015-n1.html
離脱延期申請は「私でなく英議会からの書簡」 10月末諦めぬジョンソン首相

混沌とかでしょうか。
離脱を強行する可能性はゼロではなかったわけです。
このあたりどうとらえるかでしょうか。

意図的に決断しないというのと、反対というのが、見かけ上同じに向いてしまうのはどうしたものでしょうかね。
多数決の負の面ですかね。
ラベル:採決 EU 離脱案
posted by はせんき at 00:22| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。