2019年12月05日

発効のようです

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/191204/plt1912040009-n1.html
日米貿易協定、参院本会議で承認 来年1月1日発効へ
発効確定だそうですよ。

日米貿易協定で一定の成果という事でしょうか。
一部引用
米国産の牛豚肉や乳製品の一部にかかる関税が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)と同じ水準まで下がる。
TPPから米国が抜けているわけです。
この記事の内容からすると、それなりに影響はあるかという感じでしょうか。
モノにもよりますから、今後の展開次第という事ですけど、基本的にコストと値段で折り合いがつくかですよね。
値段が高いだけで低品質のモノが売れるというのは、大間違いという事を認識するのが先ではないでしょうか。
法的なルールを変えただけで売れますというわけではないと思いますけどね。

このあたり意図的に妙な感じ煽る問題なのが余計にややこしくしているのかという状況でしょうかね。
それこそ、改善とか法の不備を手直ししないといけないと思います。
悪い意味での、昔ながらのやり方というのに固執しているのはどうにかしないといけないでしょうね。

最近の野党の劣化ぶりは想定以上でしょうか・・・
posted by はせんき at 00:11| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。