2019年12月06日

板挟みなのか

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/191205/wor1912050041-n1.html
韓国苦悩、米中間で板挟み…際立つ平身低頭ぶり
苦悩しているんですかね。

都合がいい事だけを考えているようにしか見えませんけど、どうですかね。

一部引用
王氏は5日、韓国政財界の要人を招いたソウルでの昼食会でこう演説した。
発言もですけど、韓国政財界の要人を招いたというのが、重要ですかね。

一部引用
王氏は昼食会でも「THAADは中国を狙ったものだ」と主張した。
いろいろ言われたんですね。
反論はしていないみたいです。


一部引用
文大統領は北朝鮮政策も中国の協力抜きには進められないと信じている。
ご都合主義丸出しの、ご機嫌な展開を夢見ているのでしょうか。

一部引用
韓国紙によると、文大統領の対北・対中政策のブレーンである文正仁(ムン・ジョンイン)統一外交安保特別補佐官は4日の国際会議で「北朝鮮の非核化が行われずに在韓米軍が撤退したら、中国が韓国に核の傘を提供し、北朝鮮と交渉する案はどうだろう」と中国の出席者に問い掛けた。仮定の質問とはいえ、文政権の本音の一端が垣間見える。
このあたり記録しておいた方がいいですね。
posted by はせんき at 00:23| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。