2019年12月14日

離脱の方向に進む状況のようです

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/191213/wor1912130033-n1.html
英総選挙】サッチャー政権以来の大勝 ジョンソン氏に閉塞感打破を期待
https://www.sankei.com/world/news/191213/wor1912130023-n1.html
英総選挙、保守党が単独過半数 1月にEU離脱へ
https://www.sankei.com/world/news/191213/wor1912130034-n1.html
【英総選挙】対EU・対米、貿易交渉難題 英与党勝利、来年1月末のEU離脱確実
https://www.sankei.com/world/news/191213/wor1912130035-n1.html
英総選挙】「ジョンソン氏は有権者を離脱問題に集中させた」 英与党勝利でベスト元保守党議員
https://www.sankei.com/world/news/191213/wor1912130036-n1.html
EU大統領「早く離脱協定案に承認を」


”決められない政治”というのが相当なことになっていたらしいです。
決められなくて泥沼ずるずるの方がコストと手間がかかるという判断でしょう。

離脱に”とにかく反対”でどれぐらい(意図的な)混乱が出てくるかという事でしょうか。

追加がどこまで出てくるかでしょうか。
posted by はせんき at 06:11| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。