2019年12月24日

こんなことになるだろうなと

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/191223/wor1912230020-n1.html
韓国世論がかき消す請求権協定順守の声 韓国国会議長も「弁解」

まあ、普通に韓国の日常でしょう。

一部引用
だが、日本との歴史がからむと異論は許されないという現実もある。
何が事実か確認すらしないんでしょうね。
実際の文章が残っていて、いくらでも翻訳できる人もいるでしょうに・・・
漢字そのものが理解できなくなっているというのなら、どうしようもないという事でしょうかね。

ハングル版の文章も現在は全文公開されていると聞いていますけど、確認しないのでしょうか。

ごく少数のレアな人は、諦めるのでしょうかね。

一部引用
韓国政府は「被害者の意見が非常に重要」(大統領府高官)との立場で、問題解決に向けた動きは頓挫する可能性が高い。
問題をややこしくする能力しかないと書いてもいいのではないのでしょうか。
問題解決という事に関して、ダメすぎでどうしようもないところまで来てしまったという事でしょうかね。
ラベル:異論 弁解 順守
posted by はせんき at 12:42| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。