2020年01月14日

やらないよりはマシだけど

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/premium/news/200114/prm2001140007-n1.html
自治体で相次ぐ氷河期世代の正規採用…倍率600倍も

やらないよりはマシですけどね。
お金だけなら、配ればいいという手段がありますけど・・・時間は”無理”なわけです。

一部引用
対象は今年4月1日時点で34〜44歳。
第二次ベビーブームはどうするのでしょうかね。

現実に第三次ベビーブームは来ていないわけです。
見事に発生しない状況が完全に確定しています。
次にベビーブームが来るにしても50年以上先でしょう。
第二次ベビーブームを含む就職氷河期世代がガチで”死に絶えた”あとでしょう。


一部引用
倍率は実に545倍となった。
どこかの自治体の話ですけど、第二次ベビーブームを切り捨ててこの数字です。

http://www.stat.go.jp/data/nihon/g0402.html
4 我が国の人口ピラミッド
このあたりを意図的に無視して記事書いていますよね。


一部引用
一方、氷河期世代は企業が採用を絞り込んだ結果生まれたものでもあり、今後は民間企業への広がりが焦点となる。
それなり以上の強硬的手段を講じないと広がらないでしょう。
最近のデジタル化の流れからすると、時限的公務員という形で行政文書のデータ化とか広域情報省を作るぐらいでもいいのではないですかね。
台風の自治体の対応の結果としてお粗末すぎなものがありましたからね。
縦割り行政と採用抑制の負の面が、明白すぎという事になったと思いますけど、どうでしょうか?


一部引用
パソナグループは昨年12月、氷河期世代を対象に300人の人材を今年4月に採用すると発表した。ただ都市部での勤務ではなく
地方で安く採用して、助成金とか狙うんですかね。
エグイ割合で”上前を撥ねる”でしょうね。
使い捨てにするのが落ちになるのでしょう。


もう、そろそろ”限界”になりつつあると思いますよ。
無差別殺人とか、自爆テロもどきな”拡大自殺”とか多発する時代が来るのかもしれませんね。
posted by はせんき at 17:01| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。