2020年01月14日

楽観的だって

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/200114/wor2001140008-n1.html
文在寅大統領、北に拒否されても「楽観的展望」 年頭記者会見で
楽観的希望だそうです。
米朝の仲介役を自称しているのでしょうか。

一部引用
北朝鮮側は、米朝首脳間の「親交関係にずうずうしく入り込むのは分不相応だ」
ここまで言われているのですね。


中途半端な対応が余計に拗らせるという事の実例でしょうかね。
団塊バブルにパヨクの、馬鹿発言が出てくる可能背がありますから、遠くから生暖かく見ていましょうかね。
posted by はせんき at 20:36| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。