2020年01月16日

大雑把な感じですね

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/world/news/200116/wor2001160004-n1.html
米中、貿易合意に署名 「第1段階」 中国が22兆円輸入増、抜本改革は先送り
署名したとのことです。

この記事からだと、かなり大雑把な感じですので、個別の詳細はほかの報道も参照ということでしょうかね。

即決裂的な方向にはなっていない感じですね。

第二弾の合意はいつになるかですけど、急ぎすぎないという事のようです。

一部引用
協定は、競争的な通貨安誘導を禁止し、相場運用の透明性を高める「為替条項」を盛り込んだ。
地味に大きいでしょうね。

ここ最近の米国のスタンスとして為替に関しては、やたらこだわっている感じがありmすけど、気のせいですかね。
強い米ドルにこだわる、裏側には何があるのでしょうかね。
posted by はせんき at 17:14| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。