2020年01月19日

えっ、そうなの?

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/200118/plt2001180003-n1.html
共産が「中国批判」の綱領改定を採択 党大会最終日
https://www.sankei.com/politics/news/200118/plt2001180005-n1.html
共産党が志位氏の委員長継続を了承 就任から20年「必要とされている」

そうなんですか?
共産党の中ではでしょうけど。

一部引用
綱領改定では「大国主義・覇権主義が強まっている」と、中国を批判する内容を盛り込んだ。
中国(共産党)に批判的なこと言うんですね。
戦後(WW2)の混乱期の事を意図的に抑えていますよね。
マスゴミとか特に教職員関係者はダンマリしていますね。
何か不都合なことがあるのでしょう。
そのあたり一定以上拡散されたらものすごい揺り返しが起きる気がしますけど、気のせいですかね。

一部引用
「党内の民主主義、現場で努力している方々の声をしっかりと受け止める。自らを律し、この年(65歳)ではあるが、さらに成長していく努力を重ねていきたい」
なんかすごい認識だ。
ツッコミは皆さま各自で入れてください。

追加
https://www.sankei.com/politics/news/200118/plt2001180007-n1.html
共産党大会が閉幕 「変化」道半ば、日米安保廃棄を堅持

一部引用
ただ、綱領は日米安全保障条約に関して「廃棄し、アメリカ軍とその軍事基地を撤退させる」との記述を堅持し、
まるで、隣のどこかの言い分を見ているようだ・・・
戦後の混乱期にやらかしているらしいですね。


現在の状況で表に出てきていないで隠されていることの大半は”誰かの”都合が悪い事でしょうね。
パヨクとか日本共産党に社会党(現社民党)関連は相当にあるでしょう。



さらに追加
後味悪くなるかもしれないので注意
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200117-00000070-sasahi-soci
1960年代、内ゲバが激化する学生運動に参加した女性闘士たちの今 全共闘世代アンケートの結果〈dot.〉

青春を美化するにしても、自己陶酔していますかね。
この時の負の遺産がいろんなところにあるというのが現状でしょうか。
posted by はせんき at 08:22| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。