2020年01月27日

気長で地味な研究の話

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/premium/news/200127/prm2001270007-n1.html
【変革 ハウス食品グループ】タマネギで涙 謎突き止めイグノーベル賞
タマネギだそうです。
一部引用
タマネギに含まれる「催涙成分」の生成を促す酵素「LFS」を突き止めたのだ。
タマネギを切ると涙ですものね。
かなり来るものがありますよね。

一部引用
タマネギの種子に照射し突然変異を促した。
地味な手段ですけど、遺伝子組み換えの問題もありますからね。

一部引用
ただ狙いとは少し違って、LFSではなく催涙成分生成に必要なもう一つの酵素を抑えたものになった。
この酵素というのが地味になにかありませんかね。
派生でこの酵素を使った研究とかいうのをやっていても驚きませんよ。

一部引用
味は甘く、ハウスは「スマイルボール」の商品名で15年、販売を始めた。
安定して、生産ができる品種であれば、農家が喜びそうです。
その先の話ですけど、タマネギで涙というのが、昔話になるのでしょうか。
posted by はせんき at 21:09| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。