2020年09月24日

否決しよう

何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/politics/news/200923/plt2009230049-n1.html
都構想住民投票 否決なら「政治家終了」と松井市長

なんだか、かっこいい事いったと思っているみたいですけど?


一部引用
>住民投票で否決されれば「政治家としては終了だ」と述べ、
だそうですけど、肝心の任期は?
一部引用
>令和5年4月の任期満了
直近ではないんですね。

一部引用
>「都構想の成否は大阪から日本を変える分水嶺(ぶんすいれい)になる」と意義を強調。
最悪の形になるでしょうね。
否決しましょう。

国と地方自治体のありようとか、このあたりをまともに議論するとなると、バブルが退場してからではないですかね。
現状だと、団塊バブルが”利権”よこせと名誉職とまともな(おいしい)実務職をよこせとグダグダでずたずたにするだけでしょう。
議論そのものをやるのは問題なのですけど、団塊〜バブルの固定概念の固さと融通の利かなさは問題すぎではないですかね。
最近の各種問題老人の大半は団塊ですからね。

一部引用
>成長が阻害される「府市合わせ(不幸せ)」
オオサカ固有の問題もあるでしょうに
一部引用
>「(都構想実現により)広域行政を府に一元化し、制度として二重行政を解消する」
業務整理統廃合という合理化をもっと進めればいいのではないですか。
団塊〜バブルを優遇するためなら手段は択ばないという事でしょうか。

一部引用
>一方、吉村氏は「新型コロナウイルス対策で東京一極集中の脆弱性が明らかになった」と主張。
昔から言われていますけど・・・


最悪の展開をみるぐらいなら、もう少しフラットに見ることのできる世代が主流派になるまで様子見してもいいと思います。
団塊〜バブルが言うほどに有能なら、日本経済低迷にバブルの後始末はもう少しマシだったでしょう。
それに”就職氷河期”もこれほどには拗れていないでしょう。


マジで、大阪都構想は否決を呼びかけます。
秘宝と国のありようを考えて結果再編するにしても、今はまだ早い。
ユルガバ基準でも、バブルが退場してからです。
posted by はせんき at 06:46| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。