2022年02月22日

どんだけ神経質になっているか



何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/article/20220221-2ZXWMVGGXRNQ7KRRYP4HZEPF5Y/
狙われるウイグル知識人 千葉大研究者も拘束か、弟と妹が抗議

中国はどんだけ・・・

微妙な発言でも破裂するという感じになってきているのでしょうか。

対中国に関していえば、岸田氏が媚中ですし、バイデン氏は決断できるか疑問符ですので、そのあたりは踏まえておかないといけないと思います。

決断して一気に片つけるのが、最終的に一番犠牲が少ないという事になりそうなんですけどね。
タイミングを失ったシャレにならない泥沼展開ということも考えられるわけです。
日欧米ではないし昔の中国人(この倍は清朝以前で全部)ではないわけです。
現実的落としどころというか、中華的な痛み分けみたいなものというあたりが全部崩壊していると考えていたほうがいいような気がします。
最後には文革の負の遺産という事になりそう(押し付ける)ですけど、中華的モラルが崩壊しているとなると、歯止めがかからないでしょうから、どこまでも無秩序状態に進むのかもしれません。

みょうちきりんな幻想は通用しないと考えたほうがいいともいます。
いわゆる三国志での世界ですが、基本日本で言う”小説”の世界の事ですので、そのあたり履き違えると悲惨な事にしかならないのではないでしょうか。


ラベル:知識人 拘束 抗議
posted by はせんき at 03:37| Comment(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。