2022年11月13日

会談するらしいがどうなんだ


何のことかというと
産経からこんな記事
https://www.sankei.com/article/20221112-QO7VYOJ3VZIT5GUSRBA3WZM5G4/
3年ぶりの日韓首脳会談 13日に実施 カンボジアで

会談するそうです。

一部引用
>正式な首脳会談は2019年12月以来、約3年ぶりとなる。
だそうです。


一部引用
>首脳会談の最大の焦点はいわゆる徴用工訴訟問題で、韓国側は解決に向けた政府内の検討状況などを説明するとみられる。
説明だけしても意味なくね?
それなりに行動してもらわないといけないと思うのですけどね。
検討使キシダのええかっこしいで余計にややこしいことになりそうですけど、外務省的にはどうなのでしょうか。


一部引用
>この機会に、日韓のほか、日米や日米韓3カ国の首脳会談を行う方向だ。
このあたり全部で判断という事だとは思いますけど、検討使キシダとその一見が余計なことやりそうなんですよね。
いい人で居たいのが検討使キシダですので、そのあたり付け込まれるのではないでしょうか。


(日本)政府政権政党もですが、米国、ロシア、中国、英国にEU、当然韓国に北朝鮮とか全世界で、一番負けるのは何処だという感じで自ら敗北に向かっていませんかね。
一応、基本的に勝ち抜けを狙っているとは思うのですけど、今見えていることが勝ちぬけに繋がっているかというと結構疑問なんですよね。
どこにもそれなりに問題はありますけど、その問題をうまく処理できていないというか、相手側に悪質に使われているという感じになっているのではないでしょうか。
そのあたり踏まえると、もう少しやりようがあるのではないですかね。
いい人で居たいであろう検討使キシダでは不安すぎるというのは事実ですけどね。



posted by はせんき at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 勝手な放言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック